お問合せ・ご予約はお気軽に

診療時間:9:00~13:00 /
15:00〜19:00
休診日:木・日・祝日

医院紹介

温心堂について

院内の様子

温心堂は平成14年9月、新横浜に開院しました。

当院は西洋医学的な一般診療とともに東洋医学的診療を積極的に取り入れ併用しております。
それは患者さんの側に立った理想的な医療を目指しているからです。
患者さんの側に立ったとは、患者さんの心と身体、そして患者さんを取り巻く周囲や自然との関わり、バランスと調和を重視したものです。

西洋医学的な一般診療は他の医療機関と同じなのですが、当院の東洋医学的診療は他の漢方外来・東洋医学外来の診察と大きな違いがあります。

温心堂レディースクリニックの東洋医学的診療での大きな特徴...
それは患者さんの‘気’を診て診断し、その‘気’に適合した治療するということです。
漢方をはじめ東洋医学では‘気’は最も大切な判断材料であり重要な診断基準です。

もちろん婦人科的な一般診療は基本ですので、超音波検査や細胞診や細菌検査、血液検査などは随時行います。

‘気’を理解し、体験し、実践していけばいくほど生命のなんと神秘的で尊いものであることかと思い知らされます。そして生きていることの素晴らしさ、健康の貴さを痛感します。
またあらゆる角度へ‘気’を向けることによって治療の方向性と健康への可能性を捉えることが出来、希望へとつなげることができます。

温心堂レディースクリニックではご来院される患者さんの病状や状態に応じて、
西洋医学的診療や東洋医学的診療を選択いたします。
患者さんにとって最良の治療とは何かを常に考えながら診療しております。

また、可能な限りご希望にお応えするよう努めております。

院長プロフィール

院長爲近 慎司(ためちか しんじ)

院長

爲近 慎司

(ためちか しんじ)

所属学会など

日本産科婦人科学会専門医
日本乳癌学会認定医
検診マンモグラフィ読影認定医
日本生殖医学会
ケアマネージャー

略歴

昭和60年 大分医科大学(現大分大学)医学部卒業
昭和60年4月 大分大学・脳神経外科
昭和63年3月 赤心堂病院・外科
平成2年4月 虎の門病院・産婦人科
平成5年4月 賛育会病院・産婦人科
平成6年4月 帝京大学・産婦人科
(平成8年9月~平成9年8月 北京中医薬大学留学)
平成13年4月 鷺沼産婦人科
平成14年9月 温心堂レディースクリニック開設

院長あいさつ

森林

私が医師を志したのは中学1年のときでした。
地元の病院を受診した時、何かとても大切なものに出会った気持が沸き起こりました。少年の時のそこはかとない思いから漠然ではないはっきりとした将来を描く、ということがその時に起こりました。

『医は仁術』という言葉があります。

難しい表現ですが私にとって仁とは、“慈しみ”と“悲”すなわち『苦を取り去る』という表現なのだと思います。
それは苦しみと痛みと不安でいっぱいの方々の側に立つことであり、人が自然に感じ思いやる気持でもあります。

私が東洋医学を目指したのは、偶然ではありません。
『気』を体感し、多くの方々の『心身の声』を直接聞き、それを理解するようになってその思いは益々強くなっております。

生きている人には必ず‘気’が存在します。
そして誰もみな‘気’を理解する能力を持っています。
また、‘気’を感じない人はいません。
その‘気’は身体の声であり、身体からの純粋な訴えでもあります。

温心堂レディースクリニックは一般の産婦人科ですが、東洋医学と西洋医学の真ん中に位置する医療機関・診療所です。

皆様のお役にたてれば幸いです。

TOPへ
戻る